人気ブログランキング |

写真の理想と現実

thanks103.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 22日

溜まってた写真と写真家の話

最近、写真家 金村修氏を特集した動画を見ました。

動画を見るまで私は金村氏のことを知りませんでしたが、面白い動画でした。

10年ほど前の話だが、カメラは1台で服装や髪型にも頓着せず、ただただ東京を撮り続ける。

年間2000本、日に10本(100枚)撮ることもあるが100枚撮っても2,3枚使えればいい方で1枚も使えないことも多いそうだ。

金村氏の作品も展示される展覧会がイタリアで行われる際にフィレンツェで撮った写真にも名所と言われるところや美しい建造物や彫像は写っていなかった。

金村氏の写真にはしっかりとした芯があってブレない。

自分だったら記念写真的に名所を撮ってしまうんだろうなと思い反省。

やはり撮り続けるということは大切だし、自分の中で写真に対して何か1つ芯のようなものは必要だと感じた。

それが写真を作品に昇華させるのに必要なものなのだろう。

いろいろ考えさせられるよい動画だった。

追記で溜まってた写真です。

Leica M6 + SUMMICRON 2/35 + kodak E100G



a0238456_3422979.jpg


a0238456_3431175.jpg


a0238456_343409.jpg


a0238456_344497.jpg


by tanak103 | 2011-10-22 03:44 | 写真


<< 久しぶりのネガ      休日の眠り >>